射精とセックスの関係性

男性は気分や体調でセックスの気持ち良さが変わってきます。
そしてそれは射精の量にも影響してきます。
例えば仕事で大きなミスをした後に恋人とセックスをすれば
どうしてもミスの事を引きずってしまう為セックスに集中できず
気持ち良さも半減してしまいます。
その反対にムラムラと欲情して興奮できる状態であれば
セックスに没頭する事ができるし、気持ち良さもいつもより
感じる事ができます。こういった感情でセックスの気持ち良さは
変わりますが、男性が放出する精子の量もセックスの気持ち良さに
大きく関係してきます。
そこで男性が射精するメカニズムとセックスで気持ち良くなる方法を
ご紹介していきます。
簡単にセックスを気持ち良くする方法としては
射精の回数をコントロールするという方法があります。
例えばオナニーした後に女性とセックスをすることになったら
気持ち良さは半減しますよね。人によっては何回でもできる!という人も
いるかもしれませんが、殆どの男性は気持ち良さが半減するはずです。
これ原因としては射精する精子の量が関係してきます。
一般的に精子が睾丸に満タンに溜まると言われるのは
早くて1日、長い人は3日かかると言われています。
一日に何度も射精するという人は一回目の射精が一番多くの精子が出るのです。
男性は射精する事でオーガズムを感じる事ができますが
射精の量が少なければオーガズムを感じる時間も減ってしまいます。
その為、セックスの気持ち良さを高めたいと考えているのならば
事前のオナニーや射精する行為は控えた方が良いでしょう。
自分で射精管理をする事がセックスの気持ち良さに繋がるのです。

精子の量を増やす方法

男性が溜められる精子の量は決まっていますが、一回のセックスの時に
射精する精子の量を増やせば、自ずとセックスは気持ち良くなります。
では男性の精子の量はどうすれば増やす事ができるのでしょうか?
まず一番大切にすることは精子が作られる時間を計算することです。
急激に精子の量を増やすことはできません。まずは自分が射精するタイミングで
精子の量をコントロールすることを考えましょう。
そして射精に関係する下半身の筋肉を鍛える事も大切です。
本格的なトレーニングではなくても下半身を中心に鍛える事で
血液の循環が良くなり男性器へより血液が送られます。
トレーニングはあくまで間接的な効果ですが
様々な方法を試して相乗効果的に精子の量を増やすようにしましょう。
また、食生活を見直すことで精子の量を増やす事ができます。
基本的には栄養バランスを整えて野菜を中心とした食事を摂る様にしましょう。
また栄養素の一つとして亜鉛が含まれている食材を取る事をお勧めします。
亜鉛は普段の食生活では中々摂る事が難しいのでサプリメントなどを利用して
摂取するようにしましょう。亜鉛を摂る事で精子の量が増えるので
必然的にセックスの気持ち良さが上がります。
射精について日頃から考える事はなかったと思いますが、
これを機に射精について考え、より気持ちの良いセックスが出来るように
取り組んでいきましょう。