いつも仕事終わりに立ち寄るコンビニにいた40代の熟女とセックスした体験談をご紹介。

最新のエロニュースを配信 サングーン・グリフォン

ずっと気になっていた40代の熟女と…

彼女を見る度に淫らな想像を繰り広げていた

仕事帰りに立ち寄るコンビニに気になる女性がいる。
見た感じは40代前半なのだが肉付きの良い体つきが
妙にいやらしく感じてしまう。
しかも最近暖かくなったこともあり薄着で
張りのある胸が強調されている。
いつも私は彼女を見て淫らな想像を繰り広げていた。
レジをしている隙に指を見てみると指輪をハメてなかったので
独身だと予想した。
最初は無難にお礼を言って少しずつ会話をするようになった。
コンビニに通う内に顔も覚えてもらったようで
店に入った時点で挨拶してくれるようになった。
とある日に立ち読みをしていると彼女から話しかけてくれた。
思い切って連絡先を聞いてみるとちょっと迷っていたが
なんとか教えてもらうことができた。
数日メールで連絡を取り合いお互いの都合を合わせて
一度デートをしてみることに。
待ち合わせ場所に向かうとすでに彼女は待っていたのだが、
いつもコンビニで見る格好とはまるで違う変身ぶり。
ヒザ上ミニスカートに胸を強調するようなタイトなシャツ。
この時点で半勃起していたが
とりあえず助手席に乗ってもらいドライブに出掛けた。
海沿いの道を走り良い雰囲気のレストランで
食事をしながら会話を楽しんだ。

初デートでいきなりの中出し

車を置いて近くの公園のベンチに腰掛けて
ピッタリくっついてみるが抵抗はなかった。
これはイケると確信し、そっと肩を抱き寄せてキスをした。
彼女も拒むことはなく自然に唇を合わせてくる。
そして手を繋ぎながら車に戻りまたキス。
段々といやらしいキスに変わっていき
唾液の音を響かせるような激しいディープキスになった。
帰りに彼女を送ろうと家の近くに車を停めると
彼女から「よかったら寄っていかない?」と誘ってきた。
断る理由もなくOKして彼女の部屋に。
お茶を出してもらって落ち着いたところで
お互い見つめ合ってキスを交わす。
二人ともその気になっていたので胸に手を伸ばすと
微かに喘ぎ声が漏れてきた。
服を脱がせ胸とマンコを責めると
あっという間に愛液が溢れてきた。
そしてギンギンに勃起した肉棒を押し付け
ゆっくりと中に入れてピストン。
どんどん喘ぎ声が大きくなり休みなく突きまくると
射精感が沸いてきた。
もう耐え切れず、さらに奥まで突いて彼女の中に全て出した。
今までにないほどの射精感でしばらく動くことができなかった。
だが、少し休憩を挟むとまたペニスが固くなってしまい
そのまま二回戦。その後ももう一度セックスして
初デートの日に3回も中出ししてしまったのだ。